2023-12-01

おせちをいただくということは 2024→満員御礼

おせちのいわれは
諸所ありますが
重箱に詰めることから
江戸時代から明治時代にかけて
【幸せを重ねる】という意味合いから
重箱に入れ始めたといわれています

季節の変わり目となる
節目の日を節日と呼び、
宴や儀式がおこなわれてきましたが
5つある節日のなかで最もたいせつな
お正月にいただく料理のことを
【おせち】と呼びます

年の始まりの
お正月は特別で
おめでたい一年の節目

⁡煌びやかなお料理では
ありまあせんが、
いつものように
素材の持ち味を大切に
地味深く
ほっと落ち着く内容の
お料理です

それぞれ
意味合いのある
縁起物を15品作って
重箱に詰めて
お持ち帰り
いただきます

おいしい料理
たいせつな人たちと
手作りおせちで
ゆっくりした特別な時間を
すごしませんか

今年からお酒に合う
おいしい肴も
仲間入りさせております

お節はもともと保存食
常備菜のレシピとして
一年中ご活用くださいませ


おせち15品 お品書き

・ふっくら黒豆 ふっくら丹波の黒豆とキビ砂糖
・かりぽり田作り 煮干しとくるみ
・伊達巻 ふわふわで甘さ控えめ
・有頭海老の艶煮 取り出したスープも
・根菜と鶏肉が入った ごちそう感のある筑前煮 
・じっくりやわらかくつやつやです 昆布巻き
・さつまいもから練り上げる栗きんとん
・カリポリゆず大根 たくさん常備して副菜に◎
・ゴマの中に埋もれます たたきごぼう 普段のお弁当にも
・ハーブオリーブマリネ わたしの定番ワインつまみ🍷
・干し柿とクリームチーズ 塩と甘みのコラボレーション
・きんかんの甘煮 アイスにのせても絶品
・松前漬け アツアツご飯のおとも
〇数の子
〇紅白かまぼこ

・澄んだお出汁のお雑煮(レシピのみ)

15品目すべてレシピ付&お雑煮レシピ
2~3名様分 ¥16,500(税込)

日時 12月31日㈰ 
午前の部 10:00~12:00 満席
午後の部 13:30~15:30 満席

お申込みはこちら

※キャンセルポリシー3日前100% 
※万が一キャンセルでもレシピとおせちはお渡します

別途 ご注文承ります

・黒毛和牛の糀ハーブローストビーフ 4~5人分 300g 6,500円(レシピ・特製和風ソース付)
・栗のお赤飯キット 3合分 ¥1800(炊飯器に入れるだけでたきたてのおこわが仕上がります)

お申込みはこちら

※キャンセルポリシー3日前100% 
※万が一キャンセルでもレシピとお料理はお渡しいたします


 12月に開催のそのほかのレッスンはコチラ
・12月15日~17日はシュトーレンや焼き菓子の販売
・12月23日は クリスマスチキン1羽とデリお持ち帰り→残り2席
・12月24日たまご採り体験から新鮮タマゴでケーキを作ります→満席
 キャンセル待ち受付中!!

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
関連記事